ASSECLIの評判・口コミは?利回りや会社の安定性はどう?不動産のプロが解説

不動産クラウドファンディング

「ASSECLIの評判や口コミは?」

「ASSECLIは投資しても安全?」

不動産投資型クラウドファンディングを成功させるためには、上記のような疑問をもつことは非常に重要です。

特徴や運営会社の情報を詳しく調べて投資するだけで、倒産による元本割れや貸し倒れなどのリスクを下げることが出来ます。

しかし、不動産投資型クラウドファンディングは多数あるため、それぞれの情報を集めるのは非常に大変で手間も時間も必要です。

そこで、本サイトでは、あなたの手間や時間を省くために、複数のクラウドファンディングサービスを紹介しています。

今回は「ASSECLI」という、株式会社エボルゾーンが提供している不動産投資型クラウドファンディングです。

この記事を読むことで、「ASSECLI」の運営会社情報や運用実績について、詳細に理解していただけます。

不動産投資型クラウドファンディングを選択する際の参考にしていただけると幸いです。

ASSECLIの公式サイトはこちら⇨

投資のプロイチオシの「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

  1. ASSECLIに関する口コミ・評判・感想まとめ
    1. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート①
    2. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート②
    3. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート③
    4. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート④
    5. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑤
    6. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑥
    7. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑦
    8. ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑧
  2. ASSECLIの特徴を一挙解説
    1. ASSECLIの特徴1.想定利回り
    2. ASSECLIの特徴2.過去のファンド募集実績
    3. ASSECLIの特徴3.過去のファンド運用実績
    4. ASSECLIの特徴4.運営会社の安定性
    5. ASSECLIの特徴5.投資不動産の種類・ラインナップ
    6. ASSECLIの特徴6.最低投資額は一口1万円
    7. ASSECLIの特徴7.優先劣後出資の有無と割合
    8. ASSECLIの特徴8.ファンドの運用期間は3か月から1年
  3. ASSECLIの不動産クラウドファンディングに投資するメリット・デメリット
    1. メリットは高利回りファンドの割合が多いこと
    2. デメリットは投資できる機会の少なさ
  4. ASSECLIの会員登録の手順を簡単紹介
    1. ASSECLIのサイトからメールアドレスを登録し、会員登録をする
    2. 認証メールのURLをクリックして、会員登録が完了
    3. サイトから投資家申請を行う
    4. 本人確認のはがきを受け取り、投資が開始できるようになる
  5. ASSECLIの運営会社情報
    1. 株式会社エボルゾーンの会社概要
  6. まとめ

ASSECLIに関する口コミ・評判・感想まとめ

TwitterでのASSECLIの口コミや評判をご紹介します。

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート①

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート②

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート③

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート④

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑤

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑥

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑦

ASSECLIに関する口コミ・評判ツイート⑧


投稿された口コミを見てみると、全体的に良い評価が多いようです。

ファンドが募集されるたびに申し込みをしている投資家もいて、人気の高さがうかがえました。

一方、募集形式が先着順のため、新規のファンドはすぐに埋まってしまうという口コミも目立ちます。

そのため、めぼしいファンドがあればすぐに申し込みをすることが重要です。

ただし、過去に早期償還されているファンドもあるので、ファンドを選ぶ際は慎重に選ぶことをオススメします。

ASSECLIの公式サイトはこちら⇨

ASSECLIの特徴を一挙解説

口コミや評判が確認できたら、次に気になるのはASSECLIにはどのような特徴があるのかだと思います。

では、どういった特徴があるのでしょうか?

ASSECLIの特徴を以下の8項目で説明していきます。

  • ASSECLIの想定利回り
  • 過去のファンド募集実績
  • 過去のファンド運用実績
  • ASSECLIの運営会社の安定性
  • ASSECLIの投資不動産の種類・ラインナップ
  • 最低投資額
  • 優先劣後出資の有無と割合
  • ファンドの運用期間

それぞれ重要なポイントになるので、確認するようにしてください。

ASSECLIの特徴1.想定利回り

ASSECLIの想定利回り

ASSECLIの想定利回りは4.0%〜8.0%と他の会社と比べて、高く設定されています。

不動産投資型クラウドファンディングの平均的な利回りは4%前後といわれています。

実際に2022年8月時点までに募集されたファンドを見ますと、想定利回り6%以上の案件がほとんどですし、想定利回り7%以上で設定されている案件もありました。

このように、他の不動産投資型クラウドファンディングよりも、想定利回りが高いことがASSECLIの特徴になります。

ASSECLIの特徴2.過去のファンド募集実績

過去のファンド募集実績

ASSECLIは2022年8月時点で、募集実績のあるファンドは25件です。(募集前の新宿区 区分OC#21ファンドは除く)

2019年10月から開始したサービスですが、2020年の募集件数は4件と少なめでした。

また、募集金額は1,600万円〜4,050万円と他の会社と比べると金額が少なくなっています。

ただ、2021年は10件以上募集していて、だんだん案件数が増えているのが現状です。

さらに2022年8月時点ではすでに5件のファンドが募集されています。

募集形式は先着順のため、人気の案件の募集開始から1分程度で埋まってしまうことも珍しくありません。

そのため、ASSECLIに応募する際は、事前にログインをして申し込む準備をすることをオススメします。

ただし先着順とはいえ、キャンセル待ちの受付もできます。

どうしても特定のファンドに投資したいのであれば、キャンセル待ち受け付けの申し込みをしておくと良いでしょう。

ASSECLIの特徴3.過去のファンド運用実績

過去のファンド運用実績

2022年8月時点では、すべての案件で元本割れもなく、予定通り償還されています。

ただし、「ASSECLI都庁前駅(区分)ファンド1号」は運用期間が6か月の予定だったものが、早期売却により2か月という短期間で償還されている事例もありました。

「ASSECLI都庁前駅(区分)ファンド1号」のような早期償還が発生する可能性は、今後も想定されるため、早期償還を想定したうえで投資することをオススメします。

ASSECLIの特徴4.運営会社の安定性

運営会社の安定性

ASSECLIの運営会社である株式会社エボルゾーンは、主に建物管理や不動産仲介業、アセットマネジメント業などを行っている会社です。

一棟収益不動産を中心に、2011年の創業以来1,000件以上の不動産取引実績があります。

また、直近では、中古物件のリノベーションに力を入れているのも特徴です。

このように、不動産の取り扱いが1,000件以上の実績があるため、比較的信頼できる会社といえます。

ASSECLIの特徴5.投資不動産の種類・ラインナップ

投資不動産の種類・ラインナップ

ASSECLIのラインナップは一棟アパートと一棟マンション、区分マンションに事業用地などです。

おそらく、運営会社の株式会社エボルゾーンが一棟マンションやアパート、商業ビルなどを中心に取り扱っている会社のためです。

そのため、今後増えていく可能性が高い不動産は一棟マンションや一棟アパートだと予測されるのです。

ただ、2021年までは区分マンションと一棟アパートがほとんどで、一棟アパートの割合がやや多めでしたが、2022年には事業用地と一棟マンションのファンドが募集されました。

これからも主力の一棟マンションや一棟アパートは変わらずに、その他のラインナップも追加されるかもしれません。

ASSECLIの特徴6.最低投資額は一口1万円

最低投資額は一口1万円

ASSECLIの最低投資額は一口1万円です。

一口1万円というのは、不動産投資型クラウドファンディングの中でも最低水準になります。

そのため、ASSECLIは投資資金が少ない方にもオススメです。

最低投資額が1万円なので、資金が少なくて不動産投資を諦めていた方も不動産投資に挑戦しやすいからです。

ちなみに、申し込み金額の上限は案件によって異なります。

そのため、上限を確認したい場合には、ファンドの詳細ページを確認するようにしてください。

ASSECLIの特徴7.優先劣後出資の有無と割合

優先劣後出資の有無と割合

ASSECLIでは、元本保証がない代わりに優先劣後方式の仕組みを利用しています。

優先劣後方式とは、投資家と事業者が同じ不動産に出資を行い、運用資産の評価額が減額した場合に、優先出資者である投資家の出資金から返却するという仕組みです。

要するに、損失が出た場合には、劣後出資者である事業者の出資金から先に損失を出してもらえるため、元本保証がなくてもリスクを抑えた投資が出来ます。

例えば、3,000万円の不動産で投資家が2,500万円、事業者が500万円出資したとします。

500万円の損失が出たら、事業者の500万円で損失を補填して、残りの2,500万円を投資家に返却するというようなイメージです。

ただし、ASSECLIでの投資家と運営会社の出資割合は案件によって異なるので注意が必要です。

具体的には、2022年7月時点で募集されているファンドでは、10%の割合に設定されている案件が多いです。

優先劣後出資の割合はファンド一覧の「スキーム」から確認できるので、投資をする前には必ず見ておきましょう。

ASSECLIの特徴8.ファンドの運用期間は3か月から1年

ファンドの運用期間は3か月から1年

初期の募集ファンドの運用期間は3か月から6か月でしたが、2021年に入ってからは運用期間1年の案件も多くなってきています。

2021年の募集案件で見ますと、11月時点で募集されている12件のファンドのうち5件が12か月、7件が6か月です。

反対に、3か月の案件は2021年には募集されませんでした。

また2022年6月時点では4件、7月には1件の新規ファンドが募集されましたが、すべて12か月の運用期間でした。

このように、案件によって運用期間が違うので、ファンドの詳細を確認するようにしましょう。

ASSECLIの公式サイトはこちら⇨

投資のプロイチオシの「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

ASSECLIの不動産クラウドファンディングに投資するメリット・デメリット

ASSECLIのメリットとデメリットをまとめました。

ここまでに解説した特徴を踏まえて、解説していきます。

メリットは高利回りファンドの割合が多いこと

メリットは高利回りファンドの割合が多いこと

ASSECLIの案件は先ほども紹介しました通り、利回りが6%~7%ほどのファンドが多いです。

これぐらいの高い利回りのファンドが公開されているサービスは、それほど多くありません。

他にも不動産投資型クラウドファンディングサービスはありますが、高利回りのファンドの割合に関してはASSECLIは優れているといえます。

高利回りのファンドに投資したい方にとっては、魅力的にうつるのではないでしょうか。

デメリットは投資できる機会の少なさ

デメリットは投資できる機会の少なさ

2021年のファンド募集を見ると、ほぼ月1回のペースで募集されていました。

2022年8月時点では5件のファンドが募集されており、毎月とは言えないものの定期的にファンドの組成がされていると判断できます。

今度この募集の割合が増えていくかどうかはわかりませんが、常に投資できるような環境ではありません。

新規案件が発表された段階で、応募の準備を完了させて、募集開始とともに応募しないと投資は難しいでしょう。

ASSECLIの会員登録の手順を簡単紹介

ASSECLIの会員登録の手順は以下の4つです。

  1. ASSECLIのサイトからメールアドレスを登録し、会員登録をする
  2. 認証メールのURLをクリックして、会員登録が完了
  3. サイトから投資家申請を行う
  4. 本人確認のはがきを受け取り、投資が開始できるようになる

それぞれについて説明します。

ASSECLIのサイトからメールアドレスを登録し、会員登録をする

ASSECLIのサイトからメールアドレスを登録します。

認証メールのURLをクリックして、会員登録が完了

その後、認証メールが送付されるため、中身を確認してURLをクリックすることで会員登録が完了になります。

サイトから投資家申請を行う

会員登録の完了後、サイトから投資家申請を行います。

個人情報を登録し、本人確認書類とマイナンバーの画像データを登録することで、投資家申請が完了になります。

本人確認書類は以下のいずれかの書類です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明

このように、顔写真付きのものが必要になります。

本人確認のはがきを受け取り、投資が開始できるようになる

申請後、審査が完了すると登録した住所にはがきが届きます。

このはがきに記載された「本人確認キー」をサイト上に入力することで完了です。

これにより、ファンドへの応募が可能になります。

ASSECLIの運営会社情報

ASSECLIの運営会社は株式会社エボルゾーンです。

不動産とIT、金融分野をかけ合わせた不動産にかかわるサービスを提供することを企業理念としている会社になります。

株式会社エボルゾーンの会社概要

株式会社エボルゾーンの詳しい会社情報は以下の通りです。

会社名 株式会社エボルゾーン
設立日 2011年6月
資本金 1億円
代表者 藤本 保雅
本社住所 〒107-0061
東京都港区北青山3-2-5 NH青山ビル4階

まとめ

不動産投資型クラウドファンディングを成功させるために重要なのは、安定性のある会社が運営しているサービスに投資することです。

その理由は、運営会社が安定していないと、倒産のリスクや元本割れのリスクが高くなるからです。

リスクを下げるためにも、運営会社や特徴を熟知することは必要不可欠になります。

この記事では不動産投資型クラウドファンディングを実施している会社の紹介として、ASSECLIとその運営会社である株式会社エボルゾーンについて詳細に解説しました。

株式会社エボルゾーンは不動産投資や保有事業、不動産開発事業などを行っている会社です。

独自のネットワークを駆使して投資効率の高い物件を開発・運用しています。

ASSECLIも株式会社エボルゾーンのこれまで培ってきた経験とノウハウが存分に活かされているサービスといえるでしょう。

利回りは6%~7%と他の不動産投資型クラウドファンディングサービスと比べても高い水準に設定されており、これまでに元本割れを起こしていません。

口コミを確認してもよい評価の内容が多く、投資家から支持されていることが分かりました。

最後まで読んでくれたあなたは、ASSECLIの特徴について理解して頂けたと思います。

もしあなたが、不動産投資型クラウドファンディングで投資を検討しているのなら、この記事を参考にしてみてください。

ASSECLIの公式サイトはこちら⇨

投資のプロイチオシの「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました