B-Denの評判・口コミは?不動産のプロが利回りや会社の安定性を解説

不動産クラウドファンディング

「不動産投資型クラウドファンディングサービスのB-Denはおすすめ?」

「B-Denのホームページだけでは、わからない特徴を知りたい。」

B-Denの利用を検討している方の中には、上記のような疑問を抱えている方も少なくありません。

そのため、この記事では、B-Denの特徴や注意点について詳しく解説していきます。

では、そもそもB-Denのサービスとはどういったものなのでしょうか?

B-Denは不動産の開発から再生事業、不動産コンサルティングなど、不動産事業に幅広く精通している株式会社ビーロットが運営する不動産投資型のクラウドファンディングサービスです。

運営会社の株式会社ビーロットは東証プライム上場企業であるうえに、コンプライアンスも強化している社会的にも信用のおける会社であるため、倒産などの不安も少なく安心できます。

ただし、予定利回りが他社よりも低く設定されているなどの注意点もあります。

そこでこの記事を読んで、B-Denの評判や口コミ、注意点などをよく理解してから、利用するかどうかの検討をするようにしてください。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

投資のプロイチオシの「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

B-Denに関する評判と口コミ

B-Denについての実際にあった、良い評判と悪い評判を紹介していきます。

信頼できるサービスなのか、実情を見抜く参考として口コミを見ていきましょう。

B-Denに関する良い口コミ・評判

まずは、B-Denを利用した良い口コミや評判を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

2年前に不動産型クラウドファンディングで投資を行っていましたが、運営会社の業績不振により大損したこともあり、投資をやめていました。

しかし、友人の強い勧めもあり、再開することに。

その中で、B-Denを知り、利用を検討しました。

運営会社が上場企業で、しかも不動産に精通しているプロが厳選した物件を扱っている点に魅力を感じ、投資することに決めました。

先輩に誘われて、不動産型クラウドファンディングを始めることに。

おすすめとして紹介頂いたのがB-Denでした。

本人確認などの面倒な書類での手続きが不要で、スマホ一つで会員登録から投資、運用確認までできる点に、非常に魅力を感じました。

手軽に会員登録までできたので、これから運用するのが楽しみです。

不動産クラウドファンディングに興味があり、どのサービスを利用するか悩んでいました。

そんな折に、投資をしている友人から、おすすめだと教えてもらったのがB-Denです。

調べてみると、運営会社が不動産事業を幅広く行っており、実績や経験豊富なプロが精査した物件を取り扱っていることが分かりました。

これなら安心して投資運用できると思い、利用することに。

利用して本当に良かったと思っています。

上記のように、「不動産のプロにより厳選された物件を扱っているのが魅力的」や「運営会社が上場企業で安心」といった口コミが非常に多かったです。

また、スマホ一台あれば会員登録から投資までできる手軽さも魅力的だという投稿もありました。

B-Denに関する悪い口コミ・評判

B-Denに関する悪い口コミを紹介していきましょう。

複数の不動産投資をしており、次の新たな投資先を探していました。

そんな時にB-Denのサービスを知り、利用を検討。

ただ、調べてみると、予定利回りが低めに設定されていることが分かり、利用を見送ることに。

とはいえ、魅力的な物件は多かったので、またの機会に利用したいです。

この口コミのように、「利回りが低めに設定されているために見送った」という意見が稀ではありますが、見られました。

ただし、投資対象物件には魅力を感じているようなので、今後募集されるファンドの利回り次第でよい評価に変わる可能性もあります。

これからのB-Denの動向に注目していきましょう。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

B-Denのメリットと特徴を一挙解説!

B-Denの強み・メリットは以下の3つがあります。

  • 運営会社が上場企業で信頼できる
  • スマホで会員登録から投資まで完結できる
  • 不動産のプロが厳選した物件を取り扱っている

それぞれのメリットについて説明していきます。

B-Denの強み・メリット1.運営会社が上場企業で信頼できる

運営会社が上場企業で信頼できる

B-Denの運営会社である株式会社ビーロットは、東証プライム上場企業です。

しかも、株式会社ビーロットはコンプライアンス強化を図り、業績や財務状況の開示を行うだけでなく、投資家保護にも力を入れています。

このように、社会的にも信頼できる会社が運営しているうえに、投資家目線でリスクを考えてくれている会社が運営しているサービスであるため安心です。

したがって、運営会社破産などによる貸し倒れのリスクを抑え、安定した運用をしたい方にはおすすめのサービスになります。

B-Denの強み・メリット2.スマホで会員登録から投資まで完結できる

スマホで会員登録から投資まで完結できる

B-Denは会員登録から投資、運用の確認までをスマホ一つで完結できます。

他社サービスで行っているような本人確認に必要な書類送付などを、スマホやPCからオンライン本人認証ができるため、面倒な手間が省け非常に便利です。

ただし、本人確認の審査に数日かかるため、会員登録即日での投資はできません。

余裕をもって会員登録をすませておくとよいでしょう。

B-Denの強み・メリット3.不動産のプロが厳選した物件を取り扱っている

不動産のプロが厳選した物件を取り扱っている

B-Denの運営会社である株式会社ビーロットは、富裕層向けの不動産再生事業をメイン事業としています。

そのため、B-Denの取扱い物件は、どれも豊富な実績を持っている不動産のプロが厳選した物件です。

実際に、自社商品の販売総額は700億円を超えており、不動産再生件数も約200件と非常に豊富な実績があります。

これらの実績や経験を活かして、厳選された物件の取扱いをしているため、非常に安心して投資できるサービスです。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

B-Denに投資する人はここに注意!デメリットについても解説

B-Denの注意点・デメリットは、以下の2つがあります。

  • 投資額が一口10万円から
  • 予定利回りが低めに設定されている

それぞれのデメリットについて説明していきます。

B-Denの注意点・デメリット1.投資額が一口10万円から

B-Denのサービスでは、最低投資額が10万円からとなります。

一方で、最近では一口1万円から投資可能をアピールポイントにしている不動産投資型クラウドファンディングサービスも多いです。

したがって、B-Denは他社と比較すると最低投資額は高めに設定されていると言えます。

しかし、豊富な実績をもとに他社にはない厳選された物件を扱っているのが特徴のサービスとなるので、大きなデメリットとして捉えている方は少ないのではないでしょうか。

B-Denの注意点・デメリット2.予定利回りが低めに設定されている

定利回りが低めに設定されている

B-Denの利回りは2.0%~4.0%と少し低めに設定されているため、他社サービスと比較すれば少し見劣りするところはあります。

一般的な不動産投資型クラウドファンディングの平均利回りは3%〜4%と言われています。

中には10%以上の利回りを設定しているサービスも多く、他社サービスを比べてしまうとどうしても利回りが低いと感じてしまうでしょう。

ただし、利回りが高いということは、言い換えれば資金難で倒産するなどのリスクが高いともいえます。

その点、B-Denの運営会社は上場企業で社会的信用もあるため安心です。

また、サービス開始直後は利回りが2.0%のファンドがほとんどでしたが、最近組成されたファンドの利回りは3.0%以上の案件が多く見られました。

これからB-Denで募集されるファンドの利回りが高くなる傾向かもしれないので、新規案件を注視していきましょう。

B-Denの会員登録の方法を解説

B-Denの会員登録方法は以下になります。

  1. メールアドレス登録
  2. 会員登録
  3. 本人確認を行う
  4. 本人確認コードを受け取る
  5. 登録完了

上記の手順で申し込むことができます。

会員登録には本人確認資料・口座情報のファイルをアップロードする必要があります。

事前に準備しておくとよいでしょう。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

B-Denの運営会社情報

B-Denの運営会社は、不動産の開発からコンサルティングまで行う株式会社ビーロットです。

株式会社ビーロットは、主に不動産投資開発から仲介・管理・販売まで幅広く不動産に関連した事業を行っている企業になります。

なお、株式会社ビーロットは2008年に創業してから、約10年で東証プライム市場に上場するなど急成長を遂げている企業でもあります。

社会的にも信用できる会社のうえ、賃貸管理や不動産取引の実績も豊富にありますので、安心して任せることのできるサービスです。

株式会社ビーロットの会社概要

株式会社ビーロットの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社ビーロット
設立日 2008年10月10日
資本金 1,992,532,283円(2021年12月31日現在)
代表者名 宮内 誠
本社住所 〒105-0004
東​京​都​港​区​新​橋​1-11​-​7 新橋センタープレイス10F

まとめ

B-Denは東証プライム上場企業である株式会社ビーロットが運営する、不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

B-Denの取扱い物件は、不動産開発や再生実績が豊富な不動産に精通したプロが厳選した物件であることが大きな特徴になります。

したがって、リスクの少ない安定した投資運用をしたい方におすすめのサービスです。

B-Denで募集されているファンドの利回りは2.0%~4.0%です。

他の不動産投資型クラウドファンディングと比べると高い水準ではありませんが、運営企業が上場しているので安定感があります。

ただし、最低投資金額が一口10万円からと他社サービスよりも高く設定されているなど、注意点も存在します。

そのため、この記事では、B-Denについてのメリットやデメリットについて、詳しく解説してきました。

不動産のプロが精査した物件で安定した投資商品を探している方は、この記事をよく読んで、B-Denのファンドに投資するかどうかを検討してみてください。

B-Denの公式サイトはこちら⇒

投資のプロイチオシの「COZUCHI」(最大利回り20%)

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、20以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました