COZUCHIは詐欺の可能性があるって本当?詐欺ではないと言える3つの理由を徹底解説!

不動産クラウドファンディング

「COZUCHIって、詐欺なんじゃないの?」

など、COZUCHIは利回りが高く、ネット上での評判がよいものばかりであるため、怪しいと感じる人もいることでしょう。

しかし、COZUCHIでは投資家の資産を守り、堅実な運用を継続しています。

この記事では、COZUCHIが詐欺ではないといえる理由について、詳しく解説していきます。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

【関連記事】COZUCHIの評判は怪しい?実際やってみたプロ投資家目線で徹底解説

COZUCHIは利回りが高すぎて詐欺の可能性があるって本当?

結論から申し上げますと、COZUCHIは詐欺ではありません。

COZUCHIの利回りは、不動産クラウドファンディングサービスの中でも、かなり高いことから、一部では「詐欺なのでは?」とも疑われているようです。

一般的な不動産クラウドファンディングサービスでは4%前後の利回りが多いなか、COZUCHIでは、10%以上の非常に高い案件も数多く存在します。

しかし、これは詐欺ではなく長年にわたり、不動産案件に携わっているプロだからこその実績といえるでしょう。

通常の区分マンションへの投資ではなく、都心の再開発プロジェクトなど、大規模で高利回りが狙える案件に投資しているのが特徴です。

このように、個人投資家では投資できないような大規模かつ高利回りの投資先に出資できます。

COZUCHIが詐欺ではないと言える3つの理由を紹介!

利回りが高く、あまりにも投資家にとって好都合であるため、詐欺といわれることがあります。

投資家を保護し、信用できる投資先といえる理由を3つご紹介します。

過去に元本割れや配当の遅延がない

COZUCHIは、もともと過去に「WARASHIBE」という名前で、不動産小口化投資商品のサービスをおこなっていました。

そのころから、一度も配当金の元本割れや遅延がありません。

2021年にCOZUCHIに名前を変更し、50件近くのファンドを運用していますが、今のところ、すべての運用状況が順調に推移しています。

そして、過去の案件の多くは、運用開始前の想定利回りを大きく超える実績となっており、顧客満足度が非常に高いのが特徴です。

優先劣後方式で初心者でも安心できる

COZUCHIでは、優先劣後方式を採用しており、大切な投資家の資産を保護しています。

優先劣後方式の場合、優先出資部分を投資家が、劣後出資部分を事業者が出資し、あらかじめ定められた劣後出資割合までは、投資家の資金が保証されます。

COZUCHIの案件は、劣後出資割合が10~60%と定められているため、損失が劣後出資部分を超えない限り、損失が出ることはありません。

そのため、クラウドファンディング初心者でも安心して、始めることができるでしょう。

物件の詳細を確認しやすい

COZUCHIでは、案件ごとに物件の詳細が非常にしやすいのも特徴です。

多くのクラウドファンディングサービスでは、物件の種類やアクセス、予定利回りといった基本的な案件の概要だけの場合も珍しくありません。

COZUCHIの案件には、物件の写真や入居状況、周辺データなど、投資する際にあると安心できる詳細な情報も公開されています。

このような詳細情報をもとに、投資判断ができるため、投資上級者のリピーターも多いのが特徴です。

COZUCHIの公式サイトをチェック

まとめ

COZUCHIは、利回りが非常に高く、投資家に好都合な案件が多いため「詐欺?」と疑われることも多いでしょう。

しかし、実際には不動産のプロが長年の知識と経験を活かし、都市再開発の大型プロジェクトに出資するなど、特別なファンドを取り扱っています。

1件1件の案件の詳細も丁寧に記されており、投資家の信頼も厚いサービスといえます。

COZUCHIに興味を持った人は、まずは口座開設からはじめてみましょう。

また、COZUCHIは9月中限定で、最大30万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

残りわずかでキャンペーンは終了するので、投資を検討している人は今のうちに無料の投資家登録をしておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました