老後資金のため方は投資がおすすめ!おすすめ投資方法も解説

不動産クラウドファンディング

「老後資金のため方が知りたい」

「老後資金をためるならどの投資方法が向いている?」

老後資金に不安を感じている方の中には、上記のような要望を持っている方が少なくありません。

政府が一般的なモデル世帯で老後2000万円足りないと発表したためです。

では、どのように老後資金をためればいいのでしょうか?

老後資金をためるのであれば、投資がおすすめです。

この記事では、老後資金をためる方法に投資がおすすめの理由と、おすすめの投資方法について解説します。

老後資金のため方で悩んでいる方は、この記事を参考にしてみてください。

最大利回り20%の少額投資「COZUCHI」がAmazonギフトプレゼントキャンペーン中!

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、50以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

またCOZUCHIは、当サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています。

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念のキャンペーンで、先着500名限定のキャンペーンになるので、興味がある人はこの機会に無料会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

老後資金の3つのため方

老後資金のため方として代表的なものは以下の3つです。

  • 貯金する
  • 投資する
  • 老後も働く

上記の老後資金のため方について詳しく解説するので、内容をよく理解してどの方法が自分に適しているのかを確認してみてください。

老後資金のため方1.貯金する

老後資金のため方1.貯金する

現役で働いている時から貯金しておくことで、老後資金を確保しておくことができます。

リスクがある方法はとりたくない方には、預貯金で確実にためる方法がおすすめです。

ただし、低金利の状態が続いているため、貯金は投資と違って資金がほとんど増加しません。

そのため、投資と比較すると貯金は、どうしても老後資金をためるのに時間がかかってしまいます。

その点はしっかりと理解しておくようにしましょう。

なお、貯金で老後資金をためる場合は、老後資金用の口座と日々の生活用の口座と分けて貯金するという方法が以下のメリットがあるためおすすめです。

  • 生活用の口座と分けているため、いくら貯金ができているのかが明確になる
  • 間違って老後のための資金を生活費に充ててしまうことを防げる
  • 定期預金と違って自分で貯金しているため、病気など不測の事態が発生し、資金が必要になった際も資金を引き出すことが可能である

このようなメリットがあるので、貯金で老後資金をためようと検討している方は、老後資金用の口座と日々の生活用の口座と分けて貯金するようにしてください。

老後資金のため方2.投資する

老後資金のため方2.投資する

投資して老後資金をためる方法は非常におすすめです。

貯金と違って投資は損をするリスクもありますが、上手く運用できれば資金が大きく増える可能性があり、貯金と比較すると短期間で老後資金をためることができます。

ただし、投資は貯金と違って勉強が必要になるものが多く、上手く運用するためには少しコツが必要です。

とはいえ、貯金よりも資金を大きく増やすことができる可能性があるため、短い期間で老後資金を貯めたい方は投資がおすすめです。

老後資金のため方3.老後も働く

老後資金のため方3.老後も働く

定年退職後も働き続けて老後資金をためる方法もあります。

一般的に定年は60歳までという企業が多くありますが、中には定年の年齢を伸ばしたり、定年の制度を撤廃したりする企業も少なくありません。

働く期間を長くすることで、老後資金をためる期間も長くなり、安定した収入を得られるため、老後の生活に余裕を持つことが可能です。

しかし、定年後も働き続けることになるため、趣味にあてる時間が確保できないことや、肉体的に負担を感じる可能性があるなどのデメリットがあります。

老後資金のため方で投資をおすすめする2つの理由

老後資金のため方で投資をおすすめする理由は、以下の2つです。

  • 少額の資金で始めることができる
  • 複利効果が得られる

上記について詳しく解説するので、内容をよく理解して投資をするかどうかを検討してみてください。

老後資金のため方で投資をおすすめする理由1.少額の資金で始めることができる

老後資金のため方で投資をおすすめする理由1.少額の資金で始めることができる

投資には、不動産投資や株式投資などさまざまな種類があり、中には数百円から始めることができる投資もあります。

例えば、不動産クラウドファンディングは1万円の資金からでも投資することが可能です。

上記のような投資手法で資産形成を行う場合、生活費を圧迫することなく投資できます。

一方で、実物不動産投資など多額の資金が必要になる投資もあるため、自分の資産状況にあった投資を行うことが重要です。

このように、投資にはさまざま投資方法があるので、投資ごとの特徴を把握して、自分に合った方法を選ぶようにしてください。

老後資金のため方で投資をおすすめする理由2.複利効果を得られる

老後資金のため方で投資をおすすめする理由2.複利効果を得られる

投資手法によっては、運用して得た収益をふたたび投資することで複利効果を期待することが可能です。

例えば、100万円を年利5%複利で運用した場合、1年目に105万円になった資金をそのまま運用するため、2年目は110万2,500円になります。

一方で、100万円を年利5%単利で運用した場合は、1年目は複利と同様に105万円になりますが、2年目は110万と複利で運用した場合よりも資金が増えません。

したがって、効率よく資金を増やしたいのであれば、複利効果が期待できる投資をおすすめします。

ちなみに、複利効果は投資期間が長くなればなるほど大きくなっていくため、若いうちから投資を行なって老後資金をためるのがベストです。

老後資金をためる際におすすめの3つの投資方法

老後資金のため方としておすすめの投資方法は、以下の3つです。

  • 不動産クラウドファンディング
  • つみたてNISA
  • 投資信託

上記の投資方法について詳しく解説するので、内容を把握したうえでどの投資方法が向いているのかを判断するようにしてください。

なお、上記の投資方法はリスクを抑えたうえで、時間かけて資産を増やしていく方法です。

短期間で多額の資金を得られる方法ではないため、短期間で大きく資金を得たい方は他の方法を検討してみてください。

老後資金をためる際におすすめの投資方法1.不動産クラウドファンディング

老後資金をためる際におすすめの投資方法1.不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、インターネットを活用して不特定多数の投資家から資金を募集し、事業者が集めた資金で不動産を購入・運用する不動産投資の手法のひとつです。

以下のメリットがあるため、老後資金のためる方法としておすすめの投資になります。

  • 1万円から投資できる
  • 不動産の購入や運用を事業者に任せられるため手間と時間がかからない
  • インターネットから簡単に投資できる
  • 他の投資方法と比較しても利回りが高く、中には年利30%を超える案件がある

上記のように、利回りが高く他の投資方法と比較して大きく稼げる可能性があるので、特におすすめしたい投資です。

ただし、不動産クラウドファンディングは比較的新しい投資方法であるため、不動産クラウドファンディングの事業者によっては実績が乏しい場合もあります。

実績が乏しい事業者が提供している案件は、信頼できる事業者であるかどうかが判断できないため、元本割れのリスクが高いので注意するようにしてください。

老後資金をためる際におすすめの投資方法2.つみたてNISA

老後資金をためる際におすすめの投資方法2.つみたてNISA

つみたてNISAとは、長期積立・分散投資を促進することを目的として2018年1月から始まった制度です。

以下のような特徴があるため、老後資金のため方としておすすめです。

  • 専用の口座を開設し、その口座内で運用した投資信託の利益が最大20年間非課税である
  • 100円から投資できる
  • 金融庁が選定した「投資信託・ETF」のみ購入できるので低リスクである
  • 複利効果が期待できる

上記のように、低リスク低コストで始められるうえに、投資初心者でも簡単に始められるおすすめの投資です。

ただし、つみたてNISAは長期投資を前提としているため、短期間で老後資金を貯めたい方には向いていません。

老後資金をためる際におすすめの投資方法3.投資信託

老後資金をためる際におすすめの投資方法3.投資信託

投資信託とは、不特定多数の投資家から資金を集めて、その資金を専門家に運用してもらう投資のことです。

以下のメリットがあるため、老後資金のためる方法としておすすめ方法になります。

  • プロが運用してくれるため手間や時間がかからない
  • 1万円から投資を始めることができる
  • 株式投資や債券投資など複数の投資を組み合わせた商品であるため投資するだけで分散投資できる

上記のようなメリットがあるため、投資初心者の方にも向いている投資方法です。

ただし、投資信託は「購入時手数料」や「信託報酬」などの手数料がかかるデメリットがあることを覚えておくようにしてください。

まとめ

おすすめの老後資金のため方は、投資になります。

貯金よりも短期間で資金を増やせる可能性があり、少ない資金でも始めることができるなどのメリットがあるためです。

そして、数ある投資の中でも特におすすめしたい投資は、不動産クラウドファンディングになります。

少額で始めることができるうえに、他の投資方法と比較して高利回りであるため、老後資金のため方に悩んでいるなら、不動産クラウドファンディングを検討してみてください。

最大利回り20%の少額投資「COZUCHI」がAmazonギフトプレゼントキャンペーン中!

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、50以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

またCOZUCHIは、当サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています。

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念のキャンペーンで、先着500名限定のキャンペーンになるので、興味がある人はこの機会に無料会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました