積立投資にデメリットはある?本当におすすめ?積立投資のデメリット・メリット・成功のコツ

積立投資

投資手法の中でも積立投資をおすすめする声はたくさんありますよね。

確かに積立投資はメリットが多いのですが、一方でデメリットや注意点もあります。

間違った積立投資をしてしまうと、積み立てるほど損失が出てしまうことにもなりかねません。

ここでは投資歴10年の筆者が積立投資は本当におすすめかを考察し、成功のコツをお伝えしようと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

  1. 積立投資メリット3点
    1. 積立投資メリット1.自動で手間がかからない
    2. 積立投資メリット2.勝率を上げられる(ドルコスト平均法)
    3. 積立投資メリット3.少額積立でリスクを抑えられる
  2. 積立投資デメリット・注意点4点
    1. 積立投資デメリット・注意点1.短期で儲ける方法ではない
    2. 積立投資デメリット・注意点2.積み立てる銘柄を間違えると大きく損をしてしまう
    3. 積立投資デメリット・注意点3.種類が偏ることがある
    4. 積立投資デメリット・注意点4.老後まで引き出せないサービスもある
  3. 積立投資で成功するコツはある?
    1. 積立投資で成功するには積立の種類も分散する
  4. 積立投資で成功するために種類も分散する方法
    1. 積立投資で種類も分散する方法1.ロボアドバイザーを活用
      1. 積立投資におすすめのロボアドバイザー
    2. 積立投資で種類も分散する方法2.仮想通貨もポートフォリオに入れる
      1. 仮想通貨を積立投資できるサービス
  5. 積立投資で絶対にしてはいけない注意点は?投資歴10年の筆者の失敗例はある?
    1. 積立投資は絶対に自己流はダメ
    2. 積立投資は正確に積み立てないと成り立たない
    3. 積立投資の自動サービスは無料で使える
  6. 積立投資のデメリットやリスクは?ネットの意見もチェック
    1. 積立投資のデメリットやリスク①
    2. 積立投資のデメリットやリスク②
    3. 積立投資のデメリットやリスク③
  7. まとめ

積立投資メリット3点

積立投資のメリットを分かりやすくお伝えします。

メリットは、

  • 自動で手間がかからない
  • 勝率を上げられる
  • 少額積立でリスクを抑えられる

この3つです。

積立投資メリット1.自動で手間がかからない

積立投資はサービス会社を活用して行います。

積立投資は同一の銘柄を一定の期間と金額で買い増していくため、個人が手動で行うのは相当な手間ですのでおすすめしません。

サービス会社の積立投資を活用すれば自動で手間がかからず、ほったらかし投資が可能になります。

自動で積立投資のメリットを受けられることはとても魅力的ですよね。

積立投資メリット2.勝率を上げられる(ドルコスト平均法)

積立投資は投資の勝率が上がるため多くの方がおすすめをしていますよね。

例えば毎月一回同じ金額で買い増していくことで、取得単価を抑えることができます。

ドルコスト平均法と呼ばれますが、これにより長期での勝率は上がることになります。

ただし注意点としては、間違った銘柄を積立てしまうとどんどん損をしてしまうため、何を積み立てるのかが非常に重要となります。

積立投資メリット3.少額積立でリスクを抑えられる

積立投資サービスを活用することで少額投資ができ、リスクを抑えることができます。

通常の株式では一回買うごとに何十万円という資金が必要になってしまいますが、積立投資サービスならば1万円や5,000円から細かく積み立てることも可能です。

生活を圧迫しない範囲の資金でコツコツと少額積立ができることもメリットでしょう。

積立投資デメリット・注意点4点

積立投資ならば絶対に勝てるわけではありません。

ここでは積立投資のデメリットや注意すべき点をお伝えします。

主なデメリットは、

  • 短期で儲ける方法ではない
  • 積み立てる銘柄を間違えると大きく損をしてしまう
  • 種類が偏ることがある
  • 老後まで引き出せないサービスもある

これらの点です。

積立投資デメリット・注意点1.短期で儲ける方法ではない

積立投資は長期での勝率を上げる投資手法であり、短期で儲ける方法ではありません。

数回だけ積み立てても本来の効果はあまりないため、あくまで長期投資向きと言えるでしょう。

積立投資デメリット・注意点2.積み立てる銘柄を間違えると大きく損をしてしまう

積立投資をすればどんな銘柄でも勝てるわけでは全くありません。

個人で好きに選んだ銘柄が長期で勝てる保証はなく、場合によっては積み立てるほど損が膨らむこともあり得ます。

何を積み立てるかには注意が必要でしょう。

積立投資デメリット・注意点3.種類が偏ることがある

積立投資は何を積み立てるかが重要ですが、株式投資だけ、仮想通貨だけ、など種類が偏ることがあります。

2021年11月現在では株式でもビットコインでも積み立てていれば相当な利益が生まれていますが、さらに安定度を増すためには積み立てる種類も分散させるとよいでしょう。

積立投資デメリット・注意点4.老後まで引き出せないサービスもある

積立投資ではよくiDeCo(個人型確定拠出年金)がおすすめされますよね。

確かに節税効果があるためメリットもあるのですが、老後まで引き出せないという大きなデメリットもあります。

積立投資の目的が老後資金のためだけならば問題ないですが、資金が必要になる現役世代のうちは何があっても引き出せない点は慎重になるべきでしょう。

積立投資で成功するコツはある?

積立投資はメリットも大きいですがデメリットや注意点もあります。

ここでは積立投資で成功するコツをお伝えします。

積立投資で成功するには積立の種類も分散する

積立投資で成功するためには、積み立てる銘柄も分散させましょう。

積立投資によってタイミングの分散はできるため、これに積み立てる銘柄も分散させることでさらに勝率は上がります。

ただし注意点としては、個人で選んだ数個の銘柄を積み立てても分散効果はなく、むしろ損失がより拡大してしまう恐れもあります。

積立投資で成功するために種類も分散する方法

積立投資で成功するためにはタイミングに加えて積み立てる種類も分散させるのがポイントです。

しかし個人で好きに選んだ数種類の銘柄では分散効果はなく、損失がより膨らんでしまうリスクすらあります。

そのためここでは本当に効果のある積立投資を行う方法をお伝えします。

積立投資で種類も分散する方法1.ロボアドバイザーを活用

積立投資ではロボアドバイザーを使うことをおすすめします。

ロボアドバイザーとはAIなどを活用して自動でグローバル分散投資を行ってくれるもので、株式だけではなく債券や不動産、金などにも最適に投資をします。

個人で数種類の銘柄を買うだけでは分散投資どころかより投資のリスクを拡大してしまうだけですので、実績のあるロボアドバイザーを使うことが最もおすすめできます。

積立投資におすすめのロボアドバイザー

ロボアドバイザーでは「THEO+(テオプラス)docomo」がおすすめです。

ロボアドバイザーはパフォーマンスが非常に高いものの運用コストが高いと言われますが、「THEO+(テオプラス)docomo」ならば最も高くても1%、そこから運用残高に応じて0.65%まで下がります。

他のグローバルに投資する投資信託やアクティブ運用と比べてもはるかに安いですよね。

パフォーマンスについては公式が行ったシミュレーションでは、積立投資を行った場合10年後に銀行預金より30%以上資産が増えている結果が出ました。

さらにはドコモユーザーならば年利計算で0.18%、ドコモユーザーでなくても0.12%のdポイントが毎月付与されるという大きなメリットもあります。

定期預金以上の金利が必ず付与されると考えると非常にお得ですよね。

これは通常のTHEOではなく「THEO+(テオプラス)docomo」のみのメリットですので、申し込む際には注意してください。

THEO+(テオプラス)docomoの公式サイトはこちら⇒

積立投資で種類も分散する方法2.仮想通貨もポートフォリオに入れる

積立投資で種類も分散するためには仮想通貨もポートフォリオに入れるとよいでしょう。

仮想通貨については心配な方もいるでしょうし、仮想通貨だけの資産運用はおすすめしません。

しかし事実として、ビットコインに2018年から2019年にかけて積立投資をしていた場合は1年で1.8倍ほどに増加している計算がありますし、2021年1月4日現在は初の3万ドルと過去最高値に達していて、ビットコインに積立投資をしていた場合はどの金融商品よりもはるかに利益が出ていたことになります。

仮想通貨を積立投資できるサービス

筆者は仮想通貨を特別おすすめするわけではありませんが、ビットコインならば圧倒的に儲かっていたのは事実ですので、ポートフォリオの1つに加えるのは賛成できますよね。

Coincheckならば月1万円から自動で積立投資ができますし、ネット証券大手のマネックスが買収した信頼性もあるため、仮想通貨を積立投資する場合はCoincheckがおすすめできます。

Coincheckの公式サイトはこちら⇒

積立投資で絶対にしてはいけない注意点は?投資歴10年の筆者の失敗例はある?

筆者は投資歴が10年以上ありますが、積立投資で絶対にしてはいけない失敗を経験しています。

ここでは積立投資で絶対に避けたい失敗をお伝えします。

失敗例と注意点は

  • 積立投資は絶対に自己流はダメ
  • 積立投資は正確に積み立てないと成り立たない
  • 積立投資の自動サービスは無料で使える

になっていますので、それぞれ見ていきましょう。

積立投資は絶対に自己流はダメ

積立投資は一見簡単そうに感じますよね。

同じ株式を毎月同じ金額で買い増していけばよいのかと。

しかし実際にやってみると、買い増さなければいけない日に忘れることや、忙しくて投資どころではなくなること、株式ごとに金額を変えていると間違えることもあります。

さらに今でもですが、買い増しの日に市場がとても荒れていると、もっと下がるかもしれないと金額を少なくしたい衝動も出ますし、様子を見たいと買い増しを辞めてしまいたくもなります。

積立投資は正確に積み立てないと成り立たない

積立投資のメリットをきちんと享受するためには、積立投資を成り立たせなくてはなりません。

自己流でタイミングを変えることや、投資額を増やしたり減らしたりといじってしまうと、積立投資の前提が崩れてしまいます。

実際に手痛い失敗をした結果、積立投資は絶対に自動サービスを使うべきだと学びました。

積立投資の自動サービスは無料で使える

積立投資にサービスを使ってしまうと余計な手数料がかかるのではと心配にもなりますよね。

そのような手数料で稼いでいるサービスもありますが、筆者が徹底して調べた結果、ここでご紹介したサービスでは無料で積立サービスが使えます。

また株式の積立ではネオモバならば売買手数料も実質無料となり、単元未満株では業界で間違いなく最安値です。

筆者の失敗からも、ぜひ積立投資は無料サービスに任せてしまうことをおすすめします。

THEO+(テオプラス)docomoの公式サイトはこちら⇒

ネオモバの公式サイトはこちら⇒

積立投資のデメリットやリスクは?ネットの意見もチェック

積立投資のデメリットやリスクは?ネットの意見もチェック

積立投資について他にもデメリットやリスクはあるのでしょうか?

SNSを確認してみたいと思います。

積立投資のデメリットやリスク①

積立投資のデメリットやリスク②

積立投資のデメリットやリスク③

ツイッターでも非常に多くの意見が見つけられます。

その中でも積立投資を否定するツイートは見つけられず、途中で辞めないこと、自己流で凝りすぎないことが大事というコメントが書かれていました。

やはり筆者の長年の経験と同じで、積立投資は正しく行うことをおすすめします。

まとめ

積立投資は長期的には勝率が相当上がるおすすめの投資手法です。

一方で積み立てる種類を間違えてしまうと積み立てる分だけ損失が膨らむという大きな注意点もあります。

しっかりと積立投資のメリットを活かして投資で勝つためには、実績豊富なロボアドバイザーがおすすめです。

2021年11月現在ではビットコインに積立投資をしていれば何よりも儲かっていた可能性も高く、仮想通貨も積立投資の1つに加えることもおすすめできるでしょう。

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

THEO+(テオプラス)docomoの公式サイトはこちら⇒

ネオモバの公式サイトはこちら⇒

コメント

タイトルとURLをコピーしました