退職金のおすすめの運用方法や使い方はある?プロ投資家目線で失敗しないための注意点3選を解説!

少額投資

「おすすめの退職金の運用方法が知りたい」

「退職金を運用する際の注意点が知りたい」

退職金の使い方として資産運用を検討している方の中には、運用方法や注意点について疑問を持っている方が少なくありません。

資産運用には多種の方法があり、どの方法が自身にとって合っているのか見極めるのは容易ではないためです。

仮に自身に合っていない資産運用方法を選択して、運用に失敗してしまうと資産を大きく減らしてしまい取り返しがつかない事態に陥ってしまいます。

そのため、資産運用法の種類を理解したうえで、事前に注意点を知っておくことは非常に重要です。

したがって、この記事ではおすすめしたい退職金の運用方法や運用する際の注意点について解説します。

退職金で資産運用を検討している方は参考にしてみてください。

最大利回り20%の少額投資「COZUCHI」がAmazonギフトプレゼントキャンペーン中!

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、50以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

またCOZUCHIは、当サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています。

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念のキャンペーンで、先着500名限定のキャンペーンになるので、興味がある人はこの機会に無料会員登録しておくことをおすすめします。

またタイムリーな話題として、2022年の12月に、なんと想定利回り(年利)59.5%という前代未聞の利回りのファンドが募集されました!

上記のファンドを含め、想定利回り(年利)10%超のファンドが今後も募集されるので、キャンペーンも適用されるこの機会にぜひ無料会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

おすすめしたい退職金の運用方法や使い方5選

退職金の運用方法としておすすめしたい方法は以下の5つです。

  • 不動産クラウドファンディング
  • ソーシャルレンディング
  • 株式投資
  • 投資信託
  • 不動産投資

それぞれの特徴について詳しく解説するので、特徴を理解して自身に合った方法を選ぶようにしてください。

おすすめしたい退職金の運用方法1.不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングはインターネットを利用して不特定多数の投資家から資金を募り、その資金で事業者が不動産を取得、運用する不動産投資の手法のひとつです。

以下のメリットがあるため、退職金の運用方法として向いています。

  • 1万円から投資が可能であるので資金が少なくても始められる
  • 不動産の選定から運用まで事業者が行ってくれるので運用の手間と時間がかからない
  • インターネットで口座開設などの手続きが簡単に投資できる
  • 平均利回りが7%前後と他の投資方法よりも高く、年利30%を超える案件もある

他の投資方法よりも利回りが高く大きく稼げる可能性があるだけでなく、運用を事業者が行ってくれるため投資初心者の方でも投資しやいのが特徴です。

ただし、新しい投資方法であり実績が乏しい事業者が多いため、慎重に見極める必要があるといった注意点もあります。

実績が乏しい事業者はリスクを正確に判断できないため、初めて不動産クラウドファンディングを利用する方は実績のある事業者を利用するようにしましょう。

おすすめしたい退職金の運用方法2.ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは資金を調達したい企業や個人と、利息で利益を得たい投資家をインターネット上で結びつけるサービスです。

融資を受けた事業者から融資された金額に対する利子を投資家に還元してもらい利益を得ます。

そういった仕組みのソーシャルレンディングには、以下のようなメリットがあるため、退職金の運用方法としておすすめです。

  • 利回りが「5~7%前後」と比較的高い
  • 一度投資してしまえば運用が終了するまで放置できる
  • 1万円から投資できるので資金が少なくても投資できる
  • さまざまな事業に投資できる

不動産クラウドファンディングと同様に、投資初心者でも比較的投資しやすいのが最大の特徴です。

ただし、ソーシャルレンディングは投資した事業がうまくいかずに元本が毀損する可能性があります。

このため、投資する事業の内容をよく確認して慎重に投資先を選ばなくてはいけません。

おすすめしたい退職金の運用方法3.株式投資

株式投資とは、企業の株式を売買や保有することで、配当金や売却益を得る投資方法です。

以下のメリットがあるため、退職金の運用方法としておすすめします。

  • 単元未満株を購入することで100円から購入できる銘柄もある
  • 配当金と売買差益の両方を狙える
  • 他の投資と比較しても流動性が高くすぐに換金性が高い
  • 保有していることで、株式優待を受け取れる
  • 短期売買を繰り返せば短期間で大きく稼げる可能性がある

ただし、デメリットもあることも覚えておきましょう。

  • 売買差益を狙う場合は値動きをチェックする必要があるため手間と時間が取られる
  • 株価が下がり損失が出る可能性がある
  • 投資した企業が経営破綻するリスクがある

株式投資は投資手法によってはリスクが大きく、大きな損害を出してしまう可能性があるため注意が必要です。

短期間で売買して売買差益を狙う投資を考えている方は、リスクを抑えるためにも運用する金額を慎重に検討するようにしてください。

おすすめしたい退職金の運用方法4.投資信託

投資信託は不特定多数の投資家から資金を集め、その資金を投資のプロであるファンドマネージャーが「株式・債権」などの金融商品に分散して投資し運用する投資になります。

以下のメリットがあるため、退職金の運用方法としておすすめです。

  • ファンドマネージャーが運用してくれるため、運用の手間や時間がかからない
  • 1万円から投資できるので資金が少ない方でも投資できる
  • 「株式・債権」など複数の金融商品に投資されているので投資するだけで分散投資できる

投資信託は分散投資ができるうえにファンドマネージャーが運用してくれることから、リスクを抑えられるため、投資初心者の方にも向いています。

リスクを抑えながら投資をしたい方は投資信託を検討してみてください。

ただし、投資信託には「購入時手数料・信託報酬」などの手数料が必要というデメリットがあることも知っておかなくてはいけません。

おすすめしたい退職金の運用方法5.不動産投資

不動産投資、アパートやマンションなどの投資用不動産を購入し、運用することで家賃収入を得る投資法です。

退職金はまとまった資金を得られ、初期費用がかかる不動産投資でも投資できるだけの資金が確保できる可能性が高いため、検討する価値は十分にあります。

不動産投資の主なメリットを3つ紹介しましょう。

  • 他の投資方法よりもやり方が確立されているため情報が多く初心者でもわかりやすい
  • 管理会社に不動産の運営を任せると管理や手続きなどの大家業務の手間を取られない
  • 毎月安定した収入を得られる可能性がある

空室が発生しない限り毎月安定した収入が得られるため、ローンを返済できるなら、資産形成の方法として有効です。

ただし、他の投資方法よりも多額の初期費用がかかることを理解しておきましょう。

退職金を運用する際の3つの注意点

退職金を運用する際の注意点は、

  • 老後で必要な資金を把握しておく
  • リスクを抑える
  • 初めて投資をする場合は運用する金額を抑える

の3つです。

退職金の運用を検討している方は必ず内容を確認するようにしてください。

退職金を運用する際の注意点1.老後で必要な資金を把握しておく

老後に必要な金額をシミュレーションして、おおよその金額を把握しておくことが重要になります。

必要な金額によって投資方法が変わってくるためです。

例えば、貯金が500万円で退職金が1,000万円、年金を除いた老後に必要な資金が2,000万円の場合は、足りない500万円を得られるように資産運用をする必要があります。

仮に退職金を運用して10年で500万円を用意するためには、年利5%以上得られる方法で運用しなければなりません。

必要な金額によって投資する方法が変わってくるので、参考にしてみてください。

退職金を運用する際の注意点2.リスクを抑える

退職金を利用して運用する際は、大きく稼ぐのではなく堅実に運用することをおすすめします。

定年退職後は収入が大きく減少する可能性が高いためです。

仮に継続雇用してもらえたとしても給料水準が現役時代よりも安くなってしまいます。

そのため、ハイリスクハイリターンの投資をしてしまうと資金が大きく減少してしまい、老後の生活費が足りないという事態になりかねません。

したがって、資金に余裕がある方や老後の資金を大きく稼ぐ必要がある方でもない限りは、リスクの低い不動産クラウドファンディングなどの投資を検討してみてください。

退職金を運用する際の注意点3.初めて投資をする場合は運用する金額を抑える

退職金を利用して初めて投資をする方は、いきなり多額の資金を運用するのではなく、まずは運用する金額を抑えることをおすすめします。

当然のことではありますが、投資は必ずしも稼げるものではないためです。

損失が出て資金が減少してしまう可能性もあります。

特に投資を始めたばかりは何が正解かわからずに失敗してしまう可能性も高いです。

そのような事態になったとしても損失を少なくできるように、運用する金額を抑えておくことをおすすめします。

投資に慣れるまでは運用資金を意図的に抑えるようにしましょう。

まとめ

退職金は老後の生活費などになる重要な資金です。

そのため、資産運用するときは堅実な運用をする必要があるなどの注意点があります。

しかし、資産運用の方法の中にはリスクが高いものもあり、自身に向いている運用方法を選択するのは容易ではありません。

この記事ではおすすめしたい退職金の運用方法や運用する際の注意点について解説してきました。

退職金の運用方法に悩んでいるなら、この記事を参考にしてみてください。

最大利回り20%の少額投資「COZUCHI」がAmazonギフトプレゼントキャンペーン中!

1万円の少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介してきましたが、中でもおすすめなのがLAETOLI株式会社が運営するCOZUCHIです。

COZUCHIは、50以上ある不動産投資クラウドファンディングサービスの中でも、トップクラスの想定利回りの高さを誇ります。

一般的な不動産投資クラウドファンディングの想定利回りは3%程度ですが、COZUCHIのファンドはなんと最大で20%もの想定利回りを誇るファンドが募集されたこともあるほど。

また、投資期間中で手元に現金が必要になった場合でも、手数料を支払うことで換金できるのも嬉しいポイントです。

1万円の少額かつ最短15分でスピーディに始められ、ほったらかしで投資ができるので投資初心者の方にもおすすめです。

COZUCHIのファンドは非常に人気が高くすぐに枠が埋まってしまうので、最新のファンド情報を逃さないためにも無料の会員登録を済ませておくことをおすすめします。

またCOZUCHIは、当サイト限定かつ先着500名限定で「Amazonギフト1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施しています。

直接公式サイトから登録をしたり、他のサイトから登録をしてしまうとキャンペーンは適用されないので十分注意をしてください。

今回のキャンペーンは総額200億円突破記念のキャンペーンで、先着500名限定のキャンペーンになるので、興味がある人はこの機会に無料会員登録しておくことをおすすめします。

またタイムリーな話題として、2022年の12月に、なんと想定利回り(年利)59.5%という前代未聞の利回りのファンドが募集されました!

上記のファンドを含め、想定利回り(年利)10%超のファンドが今後も募集されるので、キャンペーンも適用されるこの機会にぜひ無料会員登録しておくことをおすすめします。

COZUCHIの公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました